女性

症状によるワキガの治療法について|再発リスクの低い剪除法

簡単な治療法

ウーマン

ワキガにおける軽度から中度の症状の治療というのは、ボトックス注射や電気凝固法といった治療法になります。ボトックス注射では一時的な治療効果を受けることができ、電気凝固法では長期的な効果を得ることが可能です。

Read More

軽度の治療

女の人

ワキガで悩んでいる人は大勢いますが、その症状の重さというのは軽度の人から重度の人まで千差万別です。症状の重さが異なってくると、治療法や対策方法まで異なってきます。特に、軽度の症状であれば有効な治療法や対策方法は多くなるでしょう。ここでは、軽度のワキガにおける治療法や対策方法について考えていきます。軽度のワキガにおける治療法や対策方法の内、まずは対策方法についてです。基本的な対策方法は制汗剤やデオドラント製品でニオイを抑えるといったケア方法で、軽度のワキガであれば効果的です。

一般的にワキガを治療する際には手術が必要とされていますが、軽度の症状となると手術は必要なくなります。軽度の症状の場合、有効な治療法というのは塗り薬や飲み薬による方法になるのです。塗り薬については、塩化アルミニウム液が処方されます。塩化アルミニウム液はニオイを抑えるこう効果があり、軽度の症状であれば高い効果を発揮します。飲み薬は臭化プロバンテリンと呼ばれる抗コリン剤という種類の内服薬が処方され、服用することでアポクリン腺からの汗の分泌を抑制する効果を得ることが可能です。しかし、口や目の渇きといった副作用が現れる他、尿の出まで悪くなるので継続的服用は難しいでしょう。そういった内服薬の他に、精神面及び自律神経に働きかける飲み薬が処方されることもあります。そういった薬にも副作用がありますが、担当医の指示に従って服用することで治療を継続することができるでしょう。

直視下手術法について

脇

ワキガ治療の一つである直視下手術法というのは、「剪除法」にのことを指します。剪除法では、手術によってワキの下を4cm程切開し、ワキガの原因となるアポクリン腺を目視しながら直接切除していくため、根治率が高いと言われています。

Read More

傷が小さい治療法

女医

効果的なワキガ治療というのは、傷が残ってしまうといったデメリットがあるものでした。非直視下手術法であれば、再発リスクが残ってしまいますが、治療後に発生する傷跡が小さく、高い効果を期待することができます。

Read More