傷が小さい治療法|症状によるワキガの治療法について|再発リスクの低い剪除法
医者

症状によるワキガの治療法について|再発リスクの低い剪除法

傷が小さい治療法

女医

ワキガ治療の方法は様々で、その中には「非直視下手術法」と呼ばれるものが存在します。非直視下手術法と一口に言っても、その種類は多岐に渡ります。例えば、皮下組織吸引法や超音波吸引法、皮下組織削除法等、それらのワキガ治療法は全て非直視下手術法に該当するのです。ここでは、それらのワキガ治療法における特徴について知っていきましょう。まずは、皮下組織吸引法についてです。皮下組織吸引法はワキの下に小さな穴を開け、その穴にカニューレと呼ばれる細い管を通します。ワキの下に入ったカニューレは吸引機に繋がっており、アポクリン腺及びエクリン腺、皮脂腺を掻き出しながら吸い取ることが可能です。ワキガの原因となるアポクリン腺を除去することができるため効果的な方法ではありますが、全てのアポクリン腺が除去できたかどうか確認することができないため、再発するリスクがあります。しかし、直視下手術法である剪除法に比べて、傷跡が小さくなるといったメリットがあるのです。

超音波吸引法は、皮下組織吸引法に近い方法ですが、超音波によってアポクリン腺を熱破壊しながら吸引していくため、皮下組織吸引法よりも効果が高いと言われています。しかし、こちらの治療においても再発リスクは残ってしまうのです。最後に、皮下組織削除法について知っていきましょう。皮下組織削除法では、カミソリの刃と皮膚を抑えるローラーを組み合わせた専用医療器具を使用します。傷が小さく高い効果が期待できるといった特徴がありますが、担当医の技術力に大きく左右されるといったデメリットもあります。皮下組織削除法を受けたいと考えているのであれば、腕の良い専門医のいるクリニックを選んで治療を受けましょう。