簡単な治療法|症状によるワキガの治療法について|再発リスクの低い剪除法
医者

症状によるワキガの治療法について|再発リスクの低い剪除法

簡単な治療法

ウーマン

ワキガの症状の内、軽度から中度の症状における治療法というのは、幾つか存在します。その幾つかの治療法というのは、ボトックス注射や電気凝固法と呼ばれるものです。まずは、ボトックス注射による治療について知っていきましょう。ボトックス注射というのは、ボツリヌス菌と呼ばれる毒を幹部に注射する方法で、主に神経伝達を阻害する目的で使用されます。ワキガ治療においては、ワキの下にボトックス注射を行なうことによって、ワキガの原因となるアポクリン腺の働きを一時的に抑えるといった効果を発揮するのです。根治とまでは行きませんが、臭いの発生を一時的に高い確率で解消することができるでしょう。次に、電気凝固法についてです。

電気凝固法はワキの毛穴に電気針を刺し、電流によってアポクリン腺及び皮脂腺を破壊するといった治療法です。この治療では、ワキガ治療と脱毛の二つの効果を得ることができます。また、ボトックス注射と異なり、ワキガの原因となるアポクリン腺を破壊することから、その効果は長期的に続くのです。どちらも、皮膚を切開するような手術を必要としない方法となっているため、誰でも気軽に受けることができるでしょう。もし、ワキガがコンプレックスとなっている人がいれば、皮膚科等を受診して専門医に相談してみることをお勧めします。そうすることによって、その症状の重さに合わせた最適な治療法を提案してもらうことができるでしょう。方法によっては、根治させることもできるのです。